« bk1からの荷物 | トップページ | 感想2冊 »

2007年10月23日 (火)

あいもかわらず

 あいもかわらず新刊本ばかり・・・と書こうとして、ヤフオクで1冊落札していたのを忘れていたことに気づく。ブツは、
飛鳥高「虚ろな車:東都ミステリー」(東都書房)
 元版復刊は別にして、これで飛鳥高の(書籍化された)テキストはコンプリート。リーチがかかってから6年近くかかったよなぁ。何はともあれ、(古本的には)久々に嬉しい出来事でしたよ。
 新刊は3冊。
近藤史恵「サクリファイス」(新潮社)→自転車ロードレースを背景としたミステリ。あちこち見てみると、結構評判が良いよね。自転車好きなら読まねばなるまい。
島田荘司「リベルタスの寓話」(講談社)→良かった。また初版が残ってた。
木々・海野・大下「風間光枝探偵日記:論創ミステリ叢書 第31巻」(論創社)→マ、マニアック過ぎる。でも嬉しい。
 ちなみにポストの中には郵便局の配達連絡票が。「郵便受けに入らない郵便」で差出人は「外国から」となっていたので、多分クリッペン&ランドリューのロスト・クラシックスの新刊だな。明日、ACLが始まる前に取りに行けるだろうか?
(今日の購入冊数:4冊/今月買った本:7冊/今年買った本:119冊)

|

« bk1からの荷物 | トップページ | 感想2冊 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/118086/16852366

この記事へのトラックバック一覧です: あいもかわらず:

« bk1からの荷物 | トップページ | 感想2冊 »