« コンプリート | トップページ | 「ローリング邸の殺人」 »

2006年12月13日 (水)

新刊ドバドバ

 bk1に頼んでいた新刊がドバドバと届く。

大庭武年「大庭武年探偵小説選 第1巻:論創ミステリ叢書 第21巻」(論創社)
モーリス・ルブラン「戯曲アルセーヌ・ルパン:論創海外ミステリ 第58巻」( 〃 )
クリストファー・ブッシュ「失われた時間: 〃 第59巻」( 〃 )
マイケル・イネス「アララテのアプルビイ:河出ミステリィ」(河出書房新社)
 〃 「証拠は語る:海外ミステリ Gem Collection 第1巻」(長崎出版)

 はぁ、もはや正気の沙汰とは思えんわい(笑)。ブッシュまで訳されるとは・・・。こうなったら、原書を提供するからキングのABCとかペニーとかプロッパーとか、どなたか訳してみません?
(今日の購入冊数:5冊/今月買った本:15冊/今年買った本:201冊)

|

« コンプリート | トップページ | 「ローリング邸の殺人」 »

コメント

 それって、きっとありえる話だと思います。
 今は、むしろ、本(原書)がないから出せない状態なのではないかと推測いたしまする。

投稿: Moriwaki | 2006年12月13日 (水) 08時32分

私もどうも論創や長崎出版等で翻訳される作品を見ると、代表作というより原書が入手しやすいということで選ばれてる様に思えます。
カーマイケルやスタッジも比較的入手が簡単で、一般受けしそうなので、是非翻訳してもらいたいものです。

投稿: 大鴎 | 2006年12月13日 (水) 22時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/118086/13047941

この記事へのトラックバック一覧です: 新刊ドバドバ:

« コンプリート | トップページ | 「ローリング邸の殺人」 »