2009年1月11日 (日)

遅ればせながら・・・

 松の内も過ぎてしまってからなんともお間抜けな挨拶なのですが・・・、皆様明けましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。
 さて、1月2日は恒例の宇都宮東部古書市。相変わらず福袋狙いの客でごった返しております。開店は9:30、ぐわあ、頼むから押さないでくれ。
 会場を一通りざっと見てみたが、全然買うものがないぞ。式場隆三郎「血液の審判」(?)などという戦前本を一度手に取るも結局リリース、ちなみに会場で遭遇した彩古さんはそれなりのブツをきちんと抑えていらっしゃった。流石です。
 結局、悩みに悩んで購入したブツは1冊だけ。
大下宇陀児「緑の紳士」(東方社:カバ欠)→カバ欠なのに¥2,000もしやがんの。しかも帰宅して調べてみたら、豊文社版で持ってるやん・・・。
 その後、彩古さんとお茶して、2人でまんだらけ宇都宮店とか新刊書店をぶらぶら。
まんだらけでは
奈須きのこ「空の境界/未来福音」(竹箒)
 を、
新刊書店では
千街晶之 他「本格ミステリ・フラッシュバック」(東京創元社)
 を購入。その後彩古さんと分かれて帰宅すると、元旦に注文した新刊がどぉーんと届いていたのでありました。
久生十蘭「久生十蘭全集 第1巻」(国書刊行会)→高かったけど、これは買わなければ。
エミール・ガボリオ「ルルージュ事件」( 〃 )→ようやく出ました。
横溝正史「横溝正史探偵小説選 第3巻」(論創社)→ジュブナイルが沢山。
E.D.ビガース「チャーリー・チャン最後の事件:論創海外ミステリ 第82巻」(論創社)
鮎川哲也 編「無人踏切」(光文社文庫)→新装版。
 うーむ、いかん。年始から買いすぎだぞ。でもまあ、正月だからめでてぇということで、と勢いでDVDも予約してしまう。ブツは
DVD「Yの悲劇ボックスセット」
 もう30年位前になるだろうか、フジテレビで放送された、石坂浩二がレーンを演じた伝説(笑)のドラマだ。これは買わねばなるまい。
 というわけで、年頭から散在しまくりの黒白なのでありました。
(1月2日に買った本:8冊/今月買った本:8冊/今年買った本:8冊)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年12月31日 (水)

長らく

放置しまして大変申し訳ございませんでした。
4月に部署が変わってから多忙になってしまいまして・・・。来年は何とか日記だけでも更新するつもりですんで、見捨てないでくださいね。

*本年のまとめ
今年買った本:121冊→す、少な。以前だったら一ヶ月の購入冊数だよね。
読了した本:72冊→これまた少ない。一週間で1冊ってところだろうか。
買ったDVD:22枚→ぜんぜん見れてない。封をあけてないものも。
(関係ないけど)ロードバイクの走行距離:2,567km→乗れてないなぁ。

 というわけで、皆様、本年もいろいろとお世話になりました。
 午後から実家に帰るので、これが本年最後の日記となります。来年も当店をなにとぞよろしくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月24日 (土)

パトQその1

  最近、土日になると雨ばかり降ってませんか? おかげで全然自転車にも乗れず、少しは引っ込んだ腹に、また肉が付きだしたような気がするぞ。

 酔っ払ってabebooksでポチっとクリックしてしまった洋書が3冊到着。本体は安いのだけれど、送料が1冊あたり$20.00くらいかかるので馬鹿にならない。といって、船便だと時間がかかるしねぇ・・・。まあ仕方がないか。

Patrick Quentin"The Black Widow"(米初版ジャケット付き)→邦訳名「女郎ぐも」
  〃  "The Man in the Net"( 〃 )→ 〃 「網にかかった男」
  〃  "My Son, theMurderer"( 〃 )→ 〃 「わが子は殺人者」

 4_2 5_2 6_3
 実は、あと3冊ほどパトQが届く予定。届いたらまた書きます。
 論創社のフリーマンとか長崎出版のミッチェルも出てるんだよね。タルボット「絞首人の手伝い」なんかと一緒に注文しなければ。
(今日の購入冊数:3冊/今月買った本:4冊/今年買った本:39冊)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月12日 (月)

サボり癖

 最近は、購入本が新刊オンリーになっているので「わざわざ報告するまでもないかぁ」、などとたかをくくっているうちにすっかりサボり癖がついてしまい、気が付いたら3ヶ月の放置プレー状態。こんなことじゃいかんと、今日はアルコールを絶って更新しております。ちなみに2/12~昨日までの購入冊数は22冊。本当に本を買わなくなりました(その分自転車とかコンピューター(初自作したんすよ)とかに金がかかってるけど)。
 でも先日、久しぶりにabebooks.comで遊んでいたら、ずっと探していた

Kenneth Whipple "The Murders at Loon Lake"(米初版→画像左

 が、カナダの古書店から$80.00で出ていたのでソッコー注文。本日無事に届きました。これで、洋書購入したいよ病が再発した模様。続いて数冊注文を入れてしまいましたよ。こういうとこは相変わらずですな、オレ。
 3冊とも結構高かったけれど、これでウィップルは完集。久しぶりに嬉しかったっすよ。

1  2 3_2
(2/12~今日までの購入冊数:23冊/今月買った本:1冊/今年買った本:36冊)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月12日 (火)

ついに訳された

 仕事が大修羅場。古本屋、もう一ヶ月近くも行ってません。帰宅して酒飲んでただ寝るだけ。自転車も乗れません。もうだめぽ。
 bk1から新刊3冊。

ミステリー文学資料館 編「江戸川乱歩と13人の新青年<理論派>編」(光文社文庫)→うわぁ、全部既読だ。
山本周五郎「スパイ小説:山本周五郎探偵小説全集 第5巻」(作品社)
Q.パトリック「グリンドルの悪夢」(原書房)
→とうとう訳されましたな。次はスタッジ名義をぜひ。
(今日の購入冊数:3冊/今月買った本:6冊/今年買った本:13冊)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 6日 (水)

「仔羊の巣」

坂木司「仔羊の巣」(創元推理文庫)を読んだ。

 中編3編を収録。とりあえずは面白く読んだけれど、(解説でも書かれているが)オレもどうも探偵役の鳥井が好きになれない。ワトスン役の坂木がすぐ泣くのも嫌だ(笑)。そんなに頻繁に泣いたら、「泣く」という行為が軽くなってしまうだろうが。
 ミステリとしての評価だが及第点だと思う。ちょっとした細かな点にまで回答が与えられているのは、作者の気配りが感じられ好感が持てる。完結編の「動物園の鳥」も買っているはずなので読んでみるつもり。★★☆。
(今日の購入冊数:0冊/今月買った本:3冊/今年買った本:10冊)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 4日 (月)

同人誌3冊

 ああ、すっげーさみー。車のドアの鍵穴が凍って、お湯をかけなければ鍵が開きませんでした(さすがにこの路面状況じゃ自転車は危険だよね)。しかも、ちとした不注意から右足踵を負傷。痛い、痛すぎる・・・。
 でもそんな痛みを吹き飛ばす、ヘビー級的な同人出版物が3冊到着。

ヘンリー・ウェイド「死はあまりにも早く:ROM叢書 第3巻」(ROM)
「夜の演出:鮎川哲也 未収録推理小説集」(S氏私家版)
→感涙!
「(すみません。書名は明かせません)」( 〃 )

 特に、「夜の演出」は今日は抱いて寝ますからね>Sさん。
(今日の購入冊数:3冊/今月買った本:3冊/今年買った本:10冊)
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月29日 (火)

気になる近刊

 届いた本は、翻訳洋書が2冊づつ。

エリオット・ポール「不思議なミッキー・フィン」(河出書房新社)
R・A・フリーマン「猿の肖像:Gem Collection 第11巻」(長崎出版)
M・G・Eberhart "Dead Yesterday"(C&L)
→ロスト・クラシックスの新刊。
Margaret Maron "Io Saturnalia!"→恒例、おまけの小冊子。

 で、気になる近刊の話。「猿の肖像」の帯によると、G/Cの次回配本にいよいよコニントンの名が挙がっているのだけれど、それがどうもデビュー作の"Death at Swaythling Court"らしいのだ。翻訳されるのは嬉しいけれど、正直その選定には?マークをつけざるを得ない(以前、原書で読んだときあんまり面白くなかったんすよ)。できたらレギューラー探偵のドリフィールド卿登場作にして欲しかったと思う。あと、翻訳物ではQパト「グリンドルの悪夢」とウィリアムスン「灰色の女」(あの「幽霊塔」の原作ですよ)が楽しみですなぁ。

 一方国内では、作品社から出版予定の「呉田博士」と、論創の「森下雨村探偵小説選」といったところが楽しみ。ようやく「丹那殺人事件」が読めそうだ。
(今日の購入冊数:4冊/今月買った本:7冊/今年買った本:7冊)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月28日 (月)

今更ですが・・・

 皆様、明けましておめでとうございます。二ヶ月近くの放置、本当に申し訳ございません。実は年末にHDDがクラッシュしまして、復旧に手間がかかってしまいました。去年の総括もできなかったしねぇ・・・。ちなみに、去年買った本の冊数は131冊でございました。ホント、本を買わなくなりました。
 今年の購入冊数は、なんとまだ3冊。

ルーファス・キング「青髯の妻:ぶらっく選書」(雄鶏社)→正月の東武古書市で。
d:ジュリアン・シモンズ「ある殺人の肖像」(HPB986:初)→ 〃 。dマークとは・・・。
上遠野浩平「ブギーポップ・クエスチョン:沈黙ピラミッド」(電撃文庫)

 読了本はスカーレット「ビーコン街の殺人」、ハックスリー「サファリ殺人事件」、上記の上遠野といったところで、最近はDVDを見たりHDD&DVDレコーダーに取り溜めた番組を編集したり、自作パソコンに興味を持ってパーツを色々と調べてみたりと、AV系の作業に時間を取られています。ああ、一日が30時間あればなぁ・・・。
 何はともあれ、本年もどうぞよろしくお願いいたします。
(今日の購入冊数:0冊/今月買った本:3冊/今年買った本:3冊)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月15日 (木)

歓喜

 天城さんが亡くなったにもかかわらずこんな事を書いて申し訳ないけれど・・・、

 祝、浦和レッズアジア制覇! もちろんスタジアムに行っておりました。開始5分で喉が枯れました。帰宅は12:00、もちろん、録画してあった試合を見て祝杯をあげました。4:00までは記憶があります(笑)。出勤途中、コンビニで新聞を全部買って昼休み中に読みました。ああ、夢じゃなかったんだ。浦和レッズカンペオン!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«感想2冊